鈴木商店の経営破綻

取扱い書籍

経済学

鈴木商店の経営破綻 買取価格1000

鈴木商店の経営破綻 買取

出版社 日本経済評論社
著者・作者 武田晴人 (編集)
備考欄

今回ご紹介する書籍は「鈴木商店の経営破綻」です。

樟脳や砂糖などの貿易商・鈴木商店は、神戸製鋼所、帝国人造絹糸、日本商業などの事業持株会社としても急成長しました。
しかし、鈴木商店の経営は突然悪化の一途を辿ります。

関東大震災、企業合併の破断、政治介入や融資の打ち切りなど、昭和金融恐慌のさなかに鈴木商店の経営悪化は明るみに出ます。
現存する当時の鈴木商店の資料から急成長と破綻の要因、経営状態に迫ります。
経営学だけでなく、歴史学としても有名な一冊です。

歴史学を学んでいる方、経営学を学んでいる方、図書館の方などお売りになられる際はぜひ当店までご相談ください。
図書落ち、記名や書き込み済のもの、カバーなし、線引きありでも、買取対応いたしております。

【その他歴史学と関係のある本と一緒にお売りください】
・遙かな海路―巨大商社・鈴木商店が残したもの
・鈴木商店と台湾―樟脳・砂糖をめぐる人と事業
・総合商社――その「強さ」と、日本企業の「次」を探る
・異端の試み
…etc.

【日本経済評論社のこんな書籍も買取いたします】
・経済数学入門 初歩から一歩ずつ
・自治体破綻の財政学
・東邦銀行小史
・マーケット進化論---経済が解き明かす日本の歴史
・デフレとインフレの経済学―グローバル化時代の物価変動と日本経済
…etc.

財政学の解説書や専門書、また経済史等の専門書と一緒にお売りいただくことも可能です。

※買取価格は2017年11月6日現在の価格です。
価格は日々変動いたしますので、詳しくはお問合せください。

高額専門書籍につきましては1点から買取依頼も承っておりますので、是非ともご相談ください。

関連書籍

お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

paegtop