明治初年の裁判―垂直的手続構造から水平的手続構造へ

取扱い書籍

法律学

明治初年の裁判―垂直的手続構造から水平的手続構造へ 買取価格1000

明治初年の裁判―垂直的手続構造から水平的手続構造へ 買取

出版社 晃洋書房
著者・作者 橋本 誠一 (著)
備考欄

今回ご紹介する書籍は「明治初年の裁判―垂直的手続構造から水平的手続構造へ」です。
明治初年における裁判制度や訴訟手続きの歴史的変遷を法制史的に把握することを試みた研究書です。

明治初年の聴訟事務(現代でいうと民事裁判)と明治8年以後の刑事裁判を分析しているため、裁判制度あるいは訴訟手続きの歴史を研究する際や過去の事例からケーススタディを行う際などに活用されています。

民事訴訟や刑事訴訟など訴訟について研究をされている方や訴訟に携わる弁護士、裁判官などの法律実務家にとって一読の価値がある一冊です。 

法学者、法学部の学生、弁護士、図書館の方など、お売りになられる際はぜひ当店までご相談ください。
図書落ち、記名や書き込みのあるもの、カバーなし、線引きありでも買取対応しております。

【その他裁判に関する本とご一緒にお売りください】
・日本人と裁判―歴史の中の庶民と司法
・合理的配慮義務の横断的検討: 差別・格差等をめぐる裁判例の考察を中心に
・日本の裁判史を読む事典
・裁判例から考えるシステム開発紛争の法律実務
・司法改革と行政裁判
…etc

【晃洋書房のこんな書籍も買取いたします】
・法理論をめぐる現代的諸問題-法・道徳・文化の重層性-
・本願寺法と憲法―本願寺派の寺法・宗制・宗法の歴史と展開
・明治憲法制定とその周辺
・法文化の諸相―スコットランドと日本の法文化
・共和主義法理論の陥穽―システム理論左派からの応答
…etc

法律に関する参考書・テキスト・専門書・解説書等と、政治・経済・経営などその他法律分野の専門書・解説書等を一緒にお売りいただくことも可能です。

※買取価格は2017年12月5日現在の価格です。
価格は日々変動いたしますので、詳しくはお問い合わせください。

高額専門書籍につきましては1点から買い取り依頼も承っておりますので、是非ともご相談ください。

関連書籍

お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

paegtop