生贄と人柱の民俗学 (歴史民俗学資料叢書)

取扱い書籍

民俗学

生贄と人柱の民俗学 (歴史民俗学資料叢書) 買取価格1000

生贄と人柱の民俗学 (歴史民俗学資料叢書)  買取

出版社 批評社
著者・作者 礫川 全次
備考欄

今回ご紹介します本は生贄と人柱の民俗学 (歴史民俗学資料叢書) です。

大正14年(1925)皇居(江戸城)二重櫓の下から多数の白骨死体が発掘され、にわかに「人柱」論争が巻き起こりました。

南方熊楠・柳田国男・中山太郎の人柱論といった強烈な個性で知られる民俗学者の「人柱論」をとおして日本文化の基層を探ります。

図書館の方など、お売りになられる際はぜひ当店までご相談ください。
図書落ち、記名や書き込みのあるもの、カバーなし、線引きありでも買取対応しております。

【その他生贄やカニバリズムに関する本とご一緒にお売りください】
・一つ目小僧と瓢箪―性と犠牲のフォークロア
・義経北紀行伝説 第一巻[平泉篇]
・源義経 周辺系図解説◆『義経北紀行伝説』を読み解く
・会津藩流罪 故郷を追われた難民からの再出発 復旧、復興に六十年
・幕末日本のクーデター ──錦旗に刻印された官軍の野望
…etc

【批評社のこんな書籍も買取いたします】
・攘夷と憂国
・史疑 幻の家康論
・糞尿の民俗学
・「武功夜話」異聞
・異態習俗考
…etc

そのほか民俗学に関する参考書・テキスト・専門書・解説書等と、を一緒にお売りいただくことも可能です。

※買取価格は2017年11月24日現在の価格です。
価格は日々変動いたしますので、詳しくはお問い合わせください。

高額専門書籍につきましては1点から買取依頼も承っておりますので、是非ともご相談ください。

関連書籍

お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

paegtop