説経 人は神仏に何を託そうとするのか

取扱い書籍

民俗学

説経 人は神仏に何を託そうとするのか 買取価格1000

説経 人は神仏に何を託そうとするのか 買取

出版社 和泉書院
著者・作者 神戸女子大学古典芸能研究センター
備考欄



今回ご紹介する書籍は「説経 人は神仏に何を託そうとするのか」です。

説経の魅力を生成論の立場から、国文学・歴史学・民俗学・宗教学など多方面の最高の知見を結集し、研究水準を別次元に押し上げた画期的な研究成果となっています。説経に興味のある方に広く活用されています。

説経に興味のある方や図書館の方など, お売りになられる際はぜひ当店までご相談ください。
図書落ち、記名や書き込み済のもの、カバーなし、線引きありでも、買取対応いたしております。

【その他説経の本と一緒にお売りください】
・秦代に於ける経書経説の研究〈別編〉引経考 (1939年)
・新編稀書複製会叢書 第13巻~第16巻 浄瑠璃・説経節
・貝祭文・説経祭文
・語り物(舞・説経・古浄瑠璃)の研究 (1970年)
・説経正本集〈第2〉 (1968年)
etc......

【和泉書院のこんな書籍も買取いたします】
・島津忠夫著作集 第十一巻 芸能史
・韻文文学と芸能の往還
・芸能と信仰の民族芸術
・表紙     歌舞伎評判記集成 第一期
・記紀万葉の伝承と芸能
etc......

説経の参考書・図説・専門書・解説書と人形劇や歌劇といった他の古典芸能専門書を一緒にお売りいただくことも可能です。

※買取価格は2017年11月4日現在の価格です。
価格は日々変動いたしますので、詳しくはお問合せください。

高額専門書籍につきましては1点から買取依頼も承っておりますので、是非ともご相談ください。

関連書籍

お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

paegtop