キリスト教の本を出張買取査定、奈良県奈良市

買取事例

キリスト教の本を出張買取査定、奈良県奈良市

説明 奈良県奈良市のお客様よりキリスト教・神学の古書を30000円で買取させていただきました。

================================

≪目次≫
1、<主な書籍>
2、<藍青堂書林の買取について>
3、<奈良県奈良市の買取について>
4、<キリスト教書籍の買取のことなら>

================================

1、<主な書籍>
宗教とは何か―現代思想から宗教へ
現代アメリカ神学思想―平和・人権・環境の理念
アジア神学講義―グローバル化するコンテクストの神学
裂かれた神の姿
科学と宗教 A.E.マクグラス
人間を探し求める神―ユダヤ教の哲学A.J. ヘッシェル
神と人間のあいだ―ユダヤ教神学者ヘッシェルの思想入門A.J.ヘッシェル
もうひとつのキリスト教―多元主義的宗教理解
教会が犯したユダヤ人迫害の真実―私たちの手は血塗られている
キリスト教神学〈第1巻〉ミラード・J. エリクソン
新約聖書の世界―原始キリスト教の発足と展開
キリスト教神学事典
キリスト教神学〈第2巻〉
総説 現代福音主義神学
聖書の世界 (総解説シリーズ)
聖書学の方法と諸問題 (現代聖書講座 2)
聖書の風土・歴史・社会 (現代聖書講座 1)
旧約聖書の時代―その語る歴史と宗教
キリスト教神学〈第3巻〉
聖書の思想と現代 (現代聖書講座 3)
主イエスの生涯〈下〉 (加藤常昭信仰講話)
講解・使徒信条―キリスト教教理概説
図説臨床精神分析学
続図説臨床精神分析学
ニカイア信条講解―キリスト教の精髄
プロセス神学の展望 概論的解説
信仰の旅路―たましいの故郷への道
新約聖書はなぜギリシア語で書かれたか
神を信じて何になるのか
それでも神は実在するのか?―「信仰」を調べたジャーナリストの記録
カリスマとケリュグマ―現代によみがえる旧約預言者の精神と使信
十戒の倫理と現代の世界
ヘブライズムの人間感覚―「個」と「共同性」の弁証法
キリスト教思想序論
ティリッヒ神学における存在と生の理解
十戒―旧約倫理の枠組の中で
キリスト教の伝統 教理発展の歴史〈第1巻〉公同的伝統の出現(100‐600年)
キリスト教の伝統 第4巻―教理発展の歴史 教会と教義の改革
キリスト教神学入門
唯一なる神―聖書における唯一神教の誕生
ルター著作選集
ルターと宗教改革事典
キリスト論―救済論の視点から (キリスト教歴史双書
宗教改革の思想
救済の物語 芳賀 力
マタイの神学―イエス物語としてのマタイ福音書 (聖書の研究シリーズ)
聖書教理ハンドブック
バイブルアトラス―『聖書新共同訳』準拠聖書地図
一目で見る四福音書―新共同訳聖書による本文と地図つき
総説・図説 旧約聖書大全
倫理思想の源流―ギリシアとヘブライの場合
宗教改革の精神―ルターとエラスムスの思想対決 (講談社学術文庫)
旧約聖書入門〈上〉
旧約聖書入門〈下〉
新約聖書の釈義―本文の読み方から説教まで
神の国の証人・ブルームハルト父子―待ちつつ急ぎつつ
宣教のパラダイム転換 上巻 聖書の時代から宗教改革まで (東京ミッション研究所選書シリーズ)
宣教のパラダイム転換 下巻 啓蒙主義から21世紀に向けて (東京ミッション研究所選書シリーズ)
キリスト教史 (上巻) フスト・ゴンサレス
キリスト教史 (下巻) フスト・ゴンサレス
異端の歴史 D. クリスティ‐マレイ
教育思想史 (1) ギリシア・ローマの教育思想
教育思想史 (2)
パウロ・親鸞、イエス・禅
クリスチャンの成長を阻む12の誤解
多元化時代の宗教―新時代のキリスト教神学
宗教多元主義への道
アビダンマ講義シリーズ〈第3巻〉心所(心の中身)の分析―ブッダの実践心理学
キリスト教は信じられるか―現代人のための信仰入門
他人がこわい―あがり症・内気・社会恐怖の心理学
現代神学の最前線(フロント)―「バルト以後」の半世紀を読む
中世の女性神秘家 1 キリスト教神秘主義著作集 <4>
神学のよろこび―はじめての人のための「キリスト教神学」ガイド
イエス R.ブルトマン
新しいものはあるか―コヘレトの言葉講解説教
十字架の謎―キリスト教の核心
「十字架の神学」の成立
イエスという男 第二版 増補改訂 田川 建三
パウロ E.P.サンダース
キリスト教と現代―終末思想の歴史的展開
これからのキリスト教―一精神科医の視点
キリスト教2000年史
聖書思想事典
神様あなたは本当におられるのですか
エッセンシャル聖書辞典
ルターの十字架の神学
新約思想の成立 八木 誠一 (著)
牧会学―慰めの対話 E.トウルナイゼン
歴史における旧約聖書の信仰 (1985年)
中世思想―中世スコラ学を中心として
現代キリスト教神学入門 W.E.ホーダーン、 布施 濤雄
キリスト教大事典 改訂新版
神の痛みの神学  北森 嘉蔵 (著)
旧約外典偽典概説―付・クムラン写本概説
総説キリスト教―はじめての人のためのキリスト教ガイド
キリスト救済論
総説新約聖書 荒井 献
ガラテア人への手紙
苦難と虚無 (1959年) (ぐろりあ選書〈第4〉) 浅野 順一
ブルトマン著作集 3~6巻
……etc

※価格は査定日当時の価格です。
査定額は本の状態・相場などにより日々変動いたしますので、詳しくはお問い合わせください。

2、<藍青堂書林の買取について>
お客様がお住まいの地域周辺にて、キリスト教の専門書を買取しているところはございますか?
もし、店頭までお持ち頂くことが困難な方、大手古書チェーン店でキリスト教や神学の専門古書を持ち込んだところ、査定価格に疑問を抱いた方、買取拒否をされた方は当店の無料宅配買取をご利用下さい。

専門書や古書の買取に特化しているがゆえに、「新刊書籍は高く、古書は安い」といった決まりきった査定方法ではございません。
経験豊富な店主が1点1づつ丁寧に査定しておりますので、適正価格にて買い取らせていただきます。

また、宅配買取時の宅配買取キットも無料にてお送りさせて頂きます。
お客様の送料、ならびに査定額の振込手数料も当店が負担致します。
全国にて対応しておりますので、他府県にお住まいの方で古書などの高価買取をご希望の方は、ぜひご利用ください。

「買取価格を事前に知りたい」とおっしゃる方は、お電話やメールでの事前査定も行っております。
あらゆる専門書や古書の買取に関することでしたら、当店までお気軽にお問い合わせ下さい。

3、<奈良県奈良市の買取について>
※藍青堂書林では奈良県奈良市の方からの買取依頼を承っております。買取品目はキリスト教の神学・宗教学に限りません。医学・工学・コンピューター技術書・物理・生物・科学・哲学・思想・占いなど、あらゆる専門書を買い取りしております。宅配買取サービスにてご自宅にいながらにして買取査定も可能です。
奈良県奈良市の専門書の買取査定は藍青堂書林にお任せください。

4、<キリスト教書籍の買取のことなら>
藍青堂書林ではキリスト教系の古書・専門書を買い取りしております。
下のページでも詳しく説明しております。読み終えられた書籍を売りたい・片付けたい、という方はぜひご覧ください。
キリスト教(基督教)の古書(古本・研究書籍)を高価買取
旧約・新約聖書・海外版の聖書(Holy Bible)を高価買取
お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

paegtop