専門書 社会学・心理学etc 買取 23点 5200円 京都市 東山区

買取事例

専門書 社会学・心理学etc 買取 23点 5200円 京都市 東山区

専門書 社会学・心理学etc 買取 23点 5200円 京都市 東山区

  • 専門書 社会学・心理学etc 買取 23点 5200円 京都市 東山区
  • 専門書 社会学・心理学etc 買取 23点 5200円 京都市 東山区
  • 専門書 社会学・心理学etc 買取 23点 5200円 京都市 東山区
説明 京都市東山区の方からの買取です。社会学・心理学などの専門書を引き取らせていただきました。

【主な書籍】
『生と死の倫理―伝統的倫理の崩壊』、『他者の苦痛へのまなざし』、『医療社会学を学ぶ人のために』、『アシュリー事件―メディカル・コントロールと新・優生思想の時代』、『臨床社会学の実践』、『人生移行の発達心理学』、『医療倫理の夜明け―臓器移植・延命治療・死ぬ権利をめぐって』、『生命倫理学と功利主義』、『死の自己決定権のゆくえ: 尊厳死・「無益な治療」論・臓器移植』、『看護研究のための文献レビュー―マトリックス方式』etc

『アシュリー事件―メディカル・コントロールと新・優生思想の時代』は、アメリカで起こった医療介入事件をめぐるノンフィクションです。重度の発達障害を持つ当時6歳の娘に対し、両親は医師に娘の成長を停止させるよう依頼しました。そのため「ホルモン大量投与で最終身長を制限する」「子宮摘出で生理と生理痛を取り除く」「初期乳房芽の摘出で乳房の生育を制限する」の処置が実行されました。娘の健康や、人生の質(QOL)の維持、及び介護を行う両親の負担軽減のためにです。本には事件の経過や親や医師への賛否両論がまとめられており、生命とは、命の尊厳とは何かを考えさせられる一冊です。

【内容・状態】
市場価格と状態を考慮し、この価格で買い取らせていただきました。

※価格は査定日当時の価格です。
査定額は本の状態・相場などにより日々変動いたしますので、 詳しくはお問い合わせください。

※当店では京都市東山区の方からの買取は随時承ります。宅配買取キットを無料でお送りいたしますのでまずはご連絡を。
お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

paegtop