古書・専門書を図書館に寄付/図書館に寄贈するか検討中の方へ

お知らせ

古書・専門書を図書館に寄付/図書館に寄贈するか検討中の方へ

<古書・専門書を図書館に寄付/図書館に寄贈するか検討中の方へ>
お手持ちの蔵書を図書館に本を寄贈したいという声をよく耳にします。
思い入れのある本、故人が大切にしていた本を古本屋で些少な金額に換えるよりかは、本を大切にしてくれる方に読んでもらいたい。そのお気持ちは素晴らしいと思います。

ですが寄贈するのも楽ではありません。
まず寄贈するには図書館まで持っていく必要があります。
図書館の人も忙しいので取りに来てくれるということはまずないでしょう。

なにより、一般からの寄贈を受け入れていない図書館もあります。
図書館の書庫や本棚にも限りがあり、無制限に受け入れればすぐに飽和状態になってしまいます。
事前に連絡して、一般からの図書寄贈を受け入れているかを確認した方がいいでしょう。
(寄贈の手続きは難しくはありませんが、各図書館で異なりますのでこちらも事前に確認した方がよいでしょう)

ですが持って行っても図書館の図書として棚に置かれるとは限りません。

汚れ、破れ、書き込み、水濡れなど状態の悪い本はもちろん、マンガや性的なもの・特定の宗教や政治団体を賛美するような本など、図書館にそぐわないと判断したものは断られるそうです。百科事典にしても美術全集にしてもたいていの図書館であれば既に持っています。
不適切な書籍は自治体によって異なりますが、リサイクルに回すか処分されるそうです。

図書館が欲しい本というのは、郷土史だとか一部の本を除けば貸出希望の多い本です。
つまりみんなが今読みたいと思っているベストセラー本です。

古い専門書、大学受験や医師国家試験の問題集、また上記のとおり書き込み・線引きのある本は歓迎されません。もしそれらの本を手っ取り早く、かつ有効活用したいと思われるなら藍青堂書林の買取サービスのご利用をオススメいたします。

藍青堂書林は専門書の買取店です。
医学・工学・IT技術書など、年代を問わず価値のある書籍を買い取らせていただいております。
問題集・参考書も買い取ります。
書き込み・線引きのある本でも引き取ります。
(査定額は減額となります)
買取不可(査定額0円)の本や、買取対象外の書籍もすべて引き取ります。

売りに出すということに抵抗のある方もいらっしゃるでしょう。
ですが、本を買う方は当然その本を読みたくて買うのです。
当店という古本屋を通じて、大切な蔵書を読みたい方へとお届けすることが出来ます。

大切な蔵書をどのように、あるいはどこへ持っていくかと悩まれている方、図書館へ寄贈するという選択肢も素晴らしいですが、そこにぜひ「藍青堂書林に本を売る」という選択肢を加えてみるのはいかがでしょうか?

その他、藍青堂書林へのご質問はお問い合わせにて承っております。

お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

paegtop