古代宮都の内裏構造

取扱い書籍

歴史学

古代宮都の内裏構造 買取価格2500

古代宮都の内裏構造 買取

出版社 吉川弘文館
著者・作者 橋本義則
備考欄 今回ご紹介する書籍は「古代宮都の内裏構造」です。

長年の発掘調査により、古代宮都の構造が明らかになりつつあります。
天皇が居住し、宮都の中心をなす重要な区画である内裏の構造を、考古学と文献史料の成果を有機的に連関させ分析します。
新たな古代宮都研究の方法を示している本です。

内裏などの考古学に興味のある方、図書館の方など、お売りになられる際はぜひ当店までご相談ください。
図書落ち、記名や書き込みのあるもの、カバーなし、線引きありでも買取対応しております。

【歴史学や考古学に関する本その他とご一緒にお売りください】
・東アジア都城の比較研究
・OD>平安宮成立史の研究
・古代飛鳥の都市構造
・日本古代宮都構造の研究
…etc

【吉川弘文館のこんな書籍も買取いたします】
・日本史必携
・誰でも読める日本古代史年表―ふりがな付き
・京都古社寺辞典
・誰でも読める日本近代史年表 ふりがな付き
・角田文衞の古代学 4: 角田文衞自叙伝
…etc

と一緒にお売りいただくことも可能です。

※買取価格は2017年11月1日現在の価格です。
価格は日々変動いたしますので、詳しくはお問い合わせください。

高額専門書籍につきましては1点から買い取り依頼も承っておりますので、是非ともご相談ください。

関連書籍

お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

pagetop