三吉慎蔵日記

取扱い書籍

歴史学

三吉慎蔵日記 買取価格10000

三吉慎蔵日記 買取

出版社 国書刊行会
著者・作者 三吉 治敬 (監修), 古城 春樹 (編集), 中曽根 孝一 (編集)
備考欄

今回ご紹介する書籍は「三吉慎蔵日記」です。

幕末から明治にかけて活躍し、とりわけ坂本龍馬とともに幕吏に襲撃された寺田屋事件で名高い三吉慎蔵の日記全冊約六十五年分を完全翻刻した本です。

幕末の長府藩での日々、八月一八日の政変、幕長戦争についての記述から、明治維新ののちに仕えた、長府毛利家と北白川宮家、伏見宮家に関する詳細な記事まで、幕末から明治史を知るための一級史料となっています。

幕末について研究されている方、図書館の方などお売りになられる際はぜひ当店までご相談ください。
図書落ち、記名や書き込み済のもの、カバーなし、線引きありでも、買取対応いたしております。

【その他幕末史と関係のある本と一緒にお売りください】
勘定奉行・川路聖謨関係史料
現代に生きる幕末・明治初期漢語辞典
完本 坂本龍馬日記
幕末維新期の社会的政治史研究

【国書刊行会のこんな書籍も買取いたします】
ワルプルギスの夜:マイリンク幻想小説集
定本 夢野久作全集 第3巻
月影の迷路
偏愛蔵書室

幕末の歴史に関する解説書や専門書、また専門書と一緒にお売りいただくことも可能です。

※買取価格は2017年10月29日現在の価格です。
価格は日々変動いたしますので、詳しくはお問合せください。

高額専門書籍につきましては1点から買取依頼も承っておりますので、是非ともご相談ください。

関連書籍

お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

pagetop