海軍大将嶋田繁太郎備忘録・日記 I

取扱い書籍

歴史学

海軍大将嶋田繁太郎備忘録・日記 I 買取価格2000

海軍大将嶋田繁太郎備忘録・日記 I: 備忘録 第一~第五 買取

出版社 錦正社
著者・作者 相澤 淳 (監修), 軍事史学会 (編集), 黒沢 文貴
備考欄


今回ご紹介する書籍は「海軍大将嶋田繁太郎備忘録・日記 I: 備忘録 第一~第五」です。

この本は昭和期の政治外交史・軍事史の基本史料です。昭和10年12月から昭和19年5月までの間、軍令部次長、支那方面艦隊司令長官、海軍大臣、軍令部総長等の要職を歴任し、二・二六事件、日中戦争、太平洋戦争などの歴史的重大事に深く関与した嶋田繁太郎海軍大将が記した貴重な記録となっています。

軍事に興味のある方、近代史を研究されている方、図書館の方などお売りになられる際はぜひ当店までご相談ください。
図書落ち、記名や書き込み済のもの、カバーなし、線引きありでも、買取対応いたしております。

【その他軍事史学と関係のある本と一緒にお売りください】
軍事史学 第44巻第2号 特集 戦争と音楽
PKOの史的検証
大本営陸軍部戦争指導班 機密戦争日誌
日中戦争再論

【錦正社のこんな書籍も買取いたします】
民防空政策における国民保護―防空から防災へ―
「大東亜共栄圏」の形成過程とその構造 ―陸軍の占領地軍政と軍事作戦の葛藤―
続 平泉澄博士神道論抄
佐久間象山著『省?録』英完訳書 ―Record of Conscience―
の解説書や専門書、また専門書と一緒にお売りいただくことも可能です。
砲・工兵の日露戦争 ―戦訓と制度改革にみる白兵主義と火力主義の相克―
※買取価格は2017年10月29日現在の価格です。
価格は日々変動いたしますので、詳しくはお問合せください。

高額専門書籍につきましては1点から買取依頼も承っておりますので、是非ともご相談ください。

関連書籍

お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

pagetop