• 歌舞伎・能・文楽

続狂言史の基礎的研究

1000

続狂言史の基礎的研究 買取
出版社 関西大学出版部
著者・作者 関屋 俊彦 (著)
備考

今回ご紹介する書籍は「続狂言史の基礎的研究」です。

本書は、第一論文集『狂言史の基礎的研究』以来20年ぶりに狂言を史的観点から総括する一冊となっています。「室町時代の天才たち」を冒頭に、人間喜劇としての狂言が世界の笑い研究にいかにかかわるかを示唆しています。狂言に興味のある方に活用されています。

狂言に興味のある方や図書館の方など, お売りになられる際はぜひ当店までご相談ください。
図書落ち、記名や書き込み済のもの、カバーなし、線引きありでも、買取対応いたしております。

【その他狂言の本と一緒にお売りください】
・狂言画大観 (1966年)
・古狂言台本の発達に関しての書誌的研究 (1967年)
・近世の芸能興行と地域社会
・狂言歌謡研究集成
etc……

【関西大学出版部のこんな書籍も買取いたします】
・東西学術研究所創立60周年記念論文集
・勧進能并狂言尽番組
・サーカス
・響きあう身体
etc……
狂言の参考書・図説・専門書・解説書と人形浄瑠璃や世阿弥・観阿弥といった他の古典芸能専門書を一緒にお売りいただくことも可能です。

※買取価格は2017年10月28日現在の価格です。
価格は日々変動いたしますので、詳しくはお問合せください。

高額専門書籍につきましては1点から買取依頼も承っておりますので、是非ともご相談ください。