労働法を理解するための基本三法

取扱い書籍

法律学

労働法を理解するための基本三法 買取価格1000

労働法を理解するための基本三法 買取 専門書 中古

出版社 経営書院
著者・作者 河野 順一 (著)
備考欄 今回ご紹介する書籍は「労働法を理解するための基本三法」です。
労働法を実践に活用するために必要になる「憲法・刑法・民法」の基本三法について具体例をもとに詳説した解説書です。

一見関係なく見える基本三法ですが、労働契約は契約関係であるため「民法」、労働基準法違反は刑罰法規であるため「刑法」、また民法と刑法の基本理念にあたる「憲法」といった労働法以外の法規も当然理解する必要があります。

そこで労働トラブルの予防や解決策を考える際にこれらの三法を学ばなければならないというときに一冊で簡潔に解説している本書が多く活用されています。
個人営業主の方や企業の人事担当の方、労働組合の方など労働法に携わる方は必読ともいえる一冊です。

個人営業主の方、企業の人事担当の方、労働組合の方、図書館の方など、お売りになられる際はぜひ当店までご相談ください。
図書落ち、記名や書き込みのあるもの、カバーなし、線引きありでも買取対応しております。

【その他労働法に関する本とご一緒にお売りください】
・労働法 第11版 (法律学講座双書)
・労働関係訴訟の実務 (裁判実務シリーズ 1)
・就業規則の法律実務<第4版>
・基本労働法〈3〉
・平成30年版 労働法全書
・雇用社会の25の疑問 労働法再入門(第3版)
・労働基準法解釈総覧 改訂15版
…etc

【経営書院のこんな書籍も買取いたします】
・時間外労働と、残業代請求をめぐる諸問題
・判例から考える懲戒処分の有効性
・労働事件における慰謝料
・実務家のための労働判例の読み方・使い方
・労基法等と社会保険の重要項目Q&A
・労務管理の理論と実践
・不当な残業代支払い請求から会社を守る就業規則
…etc

労働法に関する参考書・テキスト・専門書・解説書等と、憲法・民法・行政法などその他法律分野の専門書・解説書等を一緒にお売りいただくことも可能です。

※買取価格は2017年11月13日現在の価格です。
価格は日々変動いたしますので、詳しくはお問い合わせください。

高額専門書籍につきましては1点から買い取り依頼も承っておりますので、是非ともご相談ください。

関連書籍

お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

pagetop