差止請求権の理論

取扱い書籍

法律学

差止請求権の理論 買取価格1000

差止請求権の理論 買取 専門書 中古

出版社 有斐閣
著者・作者 根本 尚徳 (著)
備考欄 今回ご紹介する書籍は「差止請求権の理論」です。

「差止請求権は,どのような制度目的を達成するために,いかなる実質的理由に基づいて,どのような法律構成によって発生するものと解すべきか」について特定の紛争類型に限定することなく分析し、一般・基礎理論の構築を試みた研究書です。

差止請求権の発生根拠について諸説あるものを分析しているため、この分野について研究を行う際などには研究資料として活用されています。

またどのような要件で権利が発生するかの判断に実務で差止請求が可能かどうか照らし合わせて判断するなど研究以外にも幅広く活用されています。

法学者や法学部の学生、弁護士や司法書士などの法律実務家、企業の法務担当者など多くの方に親しまれている一冊です。

法学者、法学部の学生、弁護士、司法書士、企業の法務担当者、図書館の方など、お売りになられる際はぜひ当店までご相談ください。
図書落ち、記名や書き込みのあるもの、カバーなし、線引きありでも買取対応しております。

【その他差止請求に関する本とご一緒にお売りください】
・差止請求モデル文例集
・差止請求権の基本構造
・工業所有権と差止請求権
・不正競争防止法コンメンタール<改訂版> Unfair Competition Prevention Act Commentary Revised Edition
・国際知的財産法の潮流 (帝塚山大学出版会叢書)
・ITを巡るプロパテント/アンチパテントの潮流 (OnDeck Books(NextPublishing))
・判例にみる 債務不存在確認の実務
…etc

【有斐閣のこんな書籍も買取いたします】
・知的財産法講義〈3〉不正競争防止法・独占禁止法上の私人による差止請求制度・商標法・半導体集積回路配置法
・商法判例集 第7版
・株式会社法 第7版
・行政法解釈学〈1〉実質的法治国家を創造する変革の法理論
・知的財産法入門 第2版
・新世代知的財産法政策学の創成 (21世紀COE知的財産研究叢書)
…etc

差止請求権に関する参考書・テキスト・専門書・解説書等と、憲法・民法・行政法などその他法律分野の専門書・解説書等を一緒にお売りいただくことも可能です。

※買取価格は2017年11月27日現在の価格です。
価格は日々変動いたしますので、詳しくはお問い合わせください。

高額専門書籍につきましては1点から買い取り依頼も承っておりますので、是非ともご相談ください。

関連書籍

お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

pagetop