過失相殺の法理

取扱い書籍

法律学

過失相殺の法理 買取価格3000

過失相殺の法理 買取 専門書 古本

出版社 有斐閣
著者・作者 窪田 充見 (著)
備考欄


今回ご紹介する書籍は「過失相殺の法理」です。

損害賠償請求の際に被害者にも過失があった場合請求額が減殺されるという過失相殺について分析と検討を行っている本です。

民法を学ぶ大学・大学院・ロースクールの学生や実務で民法を取り扱う弁護士や裁判所の方などが読んでらっしゃいます。
過失相殺を理解するためのみならず、この本の内容をもとに議論を進めるなど様々な活用がされています。

法学部の学生の方、弁護士、裁判所に方図書館の方など、お売りになられる際はぜひ当店までご相談ください。
図書落ち、記名や書き込みのあるもの、カバーなし、線引きありでも買取対応しております。

【その他民法に関する本とご一緒にお売りください】
・そこが知りたい! 労災裁判例にみる労働者の過失相殺
・自転車事故過失相殺の分析―歩行者と自転車との事故・自転車同士の事故の裁判例
・駐車場事故の法律実務
・交通賠償実務の最前線―公益財団法人日弁連交通事故相談センター設立50周年記念出版―
・損害賠償調整の法的構造
・判例にみる損害賠償額算定の実務
・交通事故診療と損害賠償実務の交錯
…etc

【有斐閣のこんな書籍も買取いたします】
・民法7 親族・相続 第5版 (有斐閣アルマ Specialized)
・民法の争点(ジュリスト増刊 新・法律学の争点シリーズ1)
・民法研究ハンドブック
・民法判例百選1 総則・物権 第7版 (別冊ジュリストNo.223)
・民法判例百選2 債権 第7版 (別冊ジュリストNo.224)
・民法判例百選3 親族・相続 (別冊ジュリストNo.225)
・民法〈4〉債権各論 (有斐閣Sシリーズ)
…etc

民法に関する参考書・テキスト・専門書・解説書等と、憲法・行政法・知的財産法などのその他法律分野の専門書・解説書等を一緒にお売りいただくことも可能です。

※買取価格は2017年10月12日現在の価格です。
価格は日々変動いたしますので、詳しくはお問い合わせください。

高額専門書籍につきましては1点から買い取り依頼も承っておりますので、是非ともご相談ください。

関連書籍

お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

pagetop