植民地期台湾の映画

取扱い書籍

映画・演劇

植民地期台湾の映画 買取価格2500

植民地期台湾の映画 買取

出版社 東京大学出版会
著者・作者 三澤 真美恵 (編集), 国立台湾歴史博物館
備考欄

今回ご紹介する書籍は「植民地期台湾の映画: 発見されたプロパガンダ・フィルムの研究」です。

本書は、2003年に発見された植民地期台湾で上映・撮影された映画フィルム168本および検閲済映画脚本135冊について、
その膨大な資料を分析した本です。

最新の研究成果を踏まえ、植民地期の台湾研究に新たな光をあてた一冊となっています。

映画研究者や文化人類学者をはじめ、博物館の方など, お売りになられる際はぜひ当店までご相談ください。
図書落ち、記名や書き込み済のもの、カバーなし、線引きありでも、買取対応いたしております。

【その他映画文化・映画史の本と一緒にお売りください】
・世界映画人名辞典・俳優篇 (世界・日本映画作品辞典シリーズ)
・映画年鑑 (戦後編11)
・映画年鑑 (戦後編17)
・世界映画史〈2〉資料篇
etc......

【東京大学出版会 のこんな書籍も買取いたします】
・ヴァナキュラー・モダニズムとしての映像文化
・オーストラリア先住民とパフォーマンス
・日中映画交流史
・メディア・美・教育
etc......

映画文化や映画史の参考書・図説・専門書・解説書と、文化人類学など他分野の専門書を一緒にお売りいただくことも可能です。

※買取価格は2017年10月18日現在の価格です。
価格は日々変動いたしますので、詳しくはお問合せください。

高額専門書籍につきましては1点から買取依頼も承っておりますので、是非ともご相談ください。

関連書籍

お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

pagetop