• 映画・演劇

目に見えるものの署名: ジェイムソン映画論

1000

目に見えるものの署名: ジェイムソン映画論 買取
出版社 法政大学出版局
著者・作者 フレドリック ジェイムソン
備考

今回ご紹介する書籍は「目に見えるものの署名: ジェイムソン映画論 (叢書・ウニベルシタス)」です。

ポストモダンを代表する論客が『狼たちの午後』(シドニー・ルメット)、『シャイニング』(スタンリー・キューブリック)、『ディーバ』(ジャン=ジャック・ベネックス)など、数々の著名な映画作品を分析し、現代における権力と欲望の闘争を抉り出しています。

映画研究者や映画論に興味のある方など, お売りになられる際はぜひ当店までご相談ください。
図書落ち、記名や書き込み済のもの、カバーなし、線引きありでも、買取対応いたしております。

【その他映画史や映画論の本と一緒にお売りください】
・日本映画検閲史
・無声映画芸術の成熟―トーキーの跫音1919‐1929 (世界映画全史)
・海外新興芸術論叢書 (刊本篇第7巻)
・映画における意味作用に関する試論―映画記号学の基本問題 (叢書 記号学的実践)
・映画論叢 (4)
etc……

【法政大学出版局のこんな書籍も買取いたします】
・ヘーゲルとハイチ
・図像の哲学
・溝口健二論
etc……

映画論の参考書・図説・専門書・解説書と映像論や表現空間論など他分野の専門書を一緒にお売りいただくことも可能です。

※買取価格は2017年10月18日現在の価格です。
価格は日々変動いたしますので、詳しくはお問合せください。

高額専門書籍につきましては1点から買取依頼も承っておりますので、是非ともご相談ください。