明治・大正・昭和のレトロな古雑誌の高価買取なら | 藍青堂書林

お知らせ

明治・大正・昭和のレトロな古雑誌を高価買取中【全国対応】

藍青堂書林では、戦前の探偵雑誌「探偵倶楽部」を高価買取しております

1. 高く売れるレトロな古雑誌とは?

明治・大正・昭和のレトロな古雑誌を高価買取しております

藍青堂書林では明治・大正・昭和期のレトロ雑誌を買取いたします。特に戦前の雑誌は高価買取しております。また、現在も続く雑誌の戦前の号や、すでに廃刊となったその他雑誌も買取しております。

【少年少女向けの雑誌】

  • 少女界
  • 少女世界
  • 少女の友
  • 少年世界
  • 女学雑誌
  • 少年倶楽部
  • 赤い鳥
  • 探検世界
  • 冒険世界
  • etc…

【戦記もの】

  • 日清戦争実記
  • 日露戦争実記
  • etc…

【読み物系雑誌】

  • キング
  • 講談雑誌
  • 講談倶楽部
  • 譚海
  • 新青年
  • etc..

戦争・日本軍の雑誌

    軍用犬
  • 普鳩
  • 海と空
  • 良友
  • など高価買取いたします。

1-1. 創刊号

どの雑誌でも創刊号は特別な価値を持っています。創刊号のみを集めているマニアもいるくらいです。創刊号から続くセットものだと、さらに価値は上がります。もちろん創刊号だけでも買い取ります。

廃刊・休刊雑誌の最終号も同様に価値がつくことがあります。こちらは残しておく人が多いせいか、創刊号ほどの人気や希少価値はありませんが、長い歴史の最後を飾る号というだけあって「この号だけ持っておきたい」と集めている方も多いようです。

1-2. 廃刊・休刊

数多くの雑誌が廃刊・休刊に追い込まれてきました。理由の多くは売り上げ不振によるものですが、出版社の倒産や編集部の方針転換、戦時中には紙不足による統制政策のため、廃刊に追い込まれた雑誌もあります。

ちなみに、廃刊と休刊に違いですが、実質あまり変わりはありません。廃刊は、編集部を廃止してその後の発行を完全に停止することです。休刊は一時的に停止することですが、廃刊であっても休刊と公称するのが通例になっています。

雑誌の場合、取次に雑誌を流通してもらうには雑誌コードが必要なのですが、廃刊すると雑誌コードを返上しなければなりません。ですが、現状コードの再取得は困難となっています。そのため、別の雑誌を創刊するときにそのコードを使うために休刊と称している場合がほとんどです。一度は廃刊・休刊された雑誌も後に中古相場で盛り返し、高価で取引されることがあります。すべての号がそろっていればさらに価値は高くなります。

1-3. 初回限定

雑誌は基本的に再発行はしません。売れ行きが良くて完売したり問い合わせが多くなると、増刷することがありますが、とてもまれなケースです。雑誌には付録がつきものです。アイドルのグラビアや特別なCD、特集小冊子など初回限定品のような付録がついていれば買う人も多くなります。雑誌は原則再発行されないため、雑誌付録付きの雑誌がしばらく経ってから中古市場で高価取引されることもあります

1-4. 希少価値

それ以外にも希少価値で価格の膨れ上がることもあります。明治・大正・昭和初期の雑誌なんかだと現存している数が少ないのも高価買取理由の一つです。また、なんてことのない雑誌でもその号だけ高値が付く、なんてこともあります。諸般の事情で単行本化されずにその号にしか載っていない記事や小説・漫画というのもあります。様々な雑誌が様々な理由で高価買取に結びつくことがあります。もしご自宅に古い雑誌をお持ちでしたらぜひ藍青堂書林にお声掛けください。

2. こんな雑誌を高く買取致します!!

2-1.漫画雑誌(少年/少女)

「ジャンプ」など、70年代/80年代の少年誌 買取を古書買取しております

【参考例】

漫画の箱船、漫画面白部隊、漫画学芸会、など戦前の漫画雑誌、また創刊号及び創刊当時のジャンプ、マガジン、サンデー、また「スラムダンク」や「ドラゴンボール」「JOJOの奇妙な冒険」などロングセラーの人気漫画の新連載号も買取しております。

※今週号の漫画雑誌買取はしておりません。

2-2. ファッション誌

「婦人倶楽部」など、戦前・戦後のファッション雑誌を売るなら、藍青堂書林の宅配買取にお任せください

【参考例】

ファッション誌は原則買取しておりませんが、戦前戦後の古い雑誌や、戦前の婦人雑誌や、an-an創刊号や、Olive(オリーブ)のまとめてセット、またジャニーズ人気アイドルグラビアの号も買取しております。

2-3. スポーツ雑誌

「アサヒスポーツ」など、野球のレトロ雑誌も積極的に古書買取いたします

【参考例】

「国技」「無名通信」「角力」「アサヒスポーツ」など戦前戦後の野球や相撲の雑誌、70年代「サイクルスポーツ」、70年代までのプロレス雑誌、マイナースポーツや古武術、格闘技系の雑誌も買取いたします。

2-4. 模型雑誌

「艦船模型」など、模型雑誌を高価買取しております

【参考例】

「模型とラジオ」「模型とラジオ工作」、昔の「鉄道趣味模型」「艦船模型スペシャル」など鉄道や戦艦、戦車や戦闘機などミリタリー系の模型雑誌、鉄道模型雑誌の昔のバックナンバー買取しております。

2-5. ゲーム雑誌

「電撃PCエンジン」などファミコンに関するゲーム雑誌の古書買取は藍青堂書林にお任せください

【参考例】

「マル勝ファミコン」、「マル勝スーパーファミコン」、「ファミコン必勝本」創刊号含む初期の「ファミコン通信」、「電撃PCエンジン」 「マル勝PCエンジン」、「PCエンジンFAN」、「ファミリーコンピューターマガジン」など、ファミコン・PCエンジンなどのレトロゲームのゲーム雑誌

2-6. アニメ雑誌

レトロなアニメの雑誌も古本買取しておりますアニメ誌を売るなら藍青堂書林の宅配買取にお任せください

【参考例】

「アニメディア」、「アニメージュ」「ジ・アニメ」など創刊号含む初期の号、その他昔のアニメ雑誌。

2-7. 自動車雑誌

レトロな自動車の雑誌をまとめて高価買取しております

【参考例】

「自動車ガイドブック」、「週刊 ザ・モーター」、「ヤングオート」、「ホリデーオート」などのまとめてセット買取

2-8. オートバイ雑誌

バイクののレトロ雑誌の高価買取なら、藍青堂書林にお任せください

【参考例】

「VIBES(バイブス)」、「ホットバイク(HOT BIKE)」、「カワサキバイクマガジン」、「スポーツスター」など創刊号からのまとめて買取

2-9. カメラ雑誌

カメラのレトロ雑誌を積極的に古書買取いたします写真の雑誌を売るなら、藍青堂書林にお任せください

【参考例】

「クラシックカメラ専科」、その他「支那事変画報」「大東亜戦争画報」戦前のアサヒグラフなど

2-10. 鉄道雑誌

戦前・戦後の鉄道雑誌を積極的に古書買取いたします

【参考例】

「鉄道ピクトリアル」「鉄道ジャーナル」「旅と鉄道」など創刊号含むセット、その他戦前の鉄道・機関車の雑誌・時刻表。

2-11. 音楽雑誌

昭和の音楽雑誌も高価買取しております

【参考例】

「B PASS バックステージ・パス」、「ミュージックライフ」、「GB ギターブック」、などまとめて買取。

2-12. テレビ情報誌

70年代・80年代のテレビ情報誌は特に高価買取しております

【参考例】

70年代「テレビランド」「テレビマガジン」「冒険王」「てれびくん」、70年代から80年代の「TVガイド」、「ザ・テレビジョン」「テレビジョンエイジ」まとめてセット

2-13. 専門雑誌

「数学のたのしみ」など、数学のレトロな雑誌も古書買取いたします
パリティ物理学雑誌を売るなら藍青堂書林の宅配買取にお任せください

【参考例】

「数学のたのしみ」「大学への数学」「数学セミナー」(数学専門誌)、「パリティ」(物理専門誌)、また、「幻影城」(探偵小説専門誌)、「武術(うーしゅう)」(中国武術専門誌)、マイコンBASICマガジン(マイコン雑誌)など専門雑誌買取いたします。

2-14. その他、月刊誌、隔週誌、隔月誌など

昭和の建築雑誌・住宅特集を高価買取しております

【参考例】

その他建築、NHK語学講座などの語学雑誌、医学、人文、哲学、宗教など雑誌買取いたします。古い雑誌のバックナンバー買取につきましては捨てられる前にぜひ一度、藍青堂書林へご相談ください。ご連絡お待ちしております。

3. 1冊からでも対応

当店の雑誌買取は複数冊によるまとめ買いが基本ですが、プレミア本などの高額雑誌につきましては1冊からでも高価買取しております。詳しくはお問い合わせください。

4. 全国の大量買取にも対応

宅配便による宅配買取も実施しております。数十冊、数百冊単位の買取にも対応しておりますので、まずはお問い合わせください。

※法律系など、一部雑誌につきましては宅配買取をお断りしております。あらかじめご了承をお願いいたします。

5.雑誌の状態について

ヤケ、シミ、表紙破れ、水濡れなど、瑕疵の認められる雑誌でも買取しております(買取額は減額となります)。著しい破損が認められた場合、買取不可とさせていただきます。また、裁断済の雑誌は買い取りをお断りいたします。

買取のご相談や売りたい時には

いかがでしたでしょうか?

藍青堂書林では専門書買い取りの専門店として適正かつ皆様にご満足いただけるような古本買取を目指しております。もし、ご興味を持たれた方は、お電話もしくはメールフォームよりお問い合わせください。

査定見積もりはもちろん、買取のご依頼やその他ご相談についてもお答えいたします。

フリーダイヤル 0120-54-4903
お見積もりフォーム買取申し込みフォーム

皆様からの買取お問い合わせ・ご依頼をお待ちしております。

限定品・非売品を売るなら、藍青堂書林の高価買取にお任せください
お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

paegtop