盆栽の古書・古本の高価買取なら藍青堂書林【全国対応】

お知らせ

盆栽の古書・古本の高価買取なら藍青堂書林【全国対応】

盆栽の古書・古本の高価買取なら藍青堂書林【全国対応】

盆栽 古書 買取
========================================================================================
.                       ≪目次≫

1、<古本の買取について>
2、<雑誌の買取について>
⑴ 月刊 近代盆栽
⑵ 盆栽世界
⑶ 山野草とミニ盆栽
3、<DVDの買取について>
4、<盆栽の通信講座の買取について>
5、<盆栽の高価買取書籍について>
========================================================================================
1、<古本の買取について>

藍青堂書林では盆栽や造園の古書(古本)の買取を強化しております。

このページを開かれたということは、多かれ少なかれ盆栽に親しまれた方だと思います。
草木を鉢(盆栽鉢、盆器)に植えて、枝ぶり、葉姿、幹の肌、根及び鉢、もしくはその姿全体を鑑賞されてこられた方だと思います。
そして今、盆栽の本を売ろうとされている方だと思います。

理由は様々でしょう。
「高齢のため趣味の盆栽ができなくなった」
「お金が必要になった」
「故人の盆栽蔵書を処分したけれど、どうせなら本を大切に扱ってくれる方に渡したい」

藍青堂書林ならそれがすべてをかなえることができます。

当店は専門書買い取りの専門店です。
専門書を高価買取しております。
盆栽も例外ではありません。
なぜ盆栽を高価買取できるのか、それば今、盆栽がアツイからです。

昔は高齢者の枯れた趣味と言われてきましたが、現在では盆栽は海外でも認知度が高まり、
ヨーロッパを中心に「Bonsai」として人気が高まっています。

若い層にも盆栽人気は徐々に広まりつつあります。

山田 香織、群 境介、丸島 秀夫、山本 順三、手塚 直人などの盆栽愛好家が盆栽の育て方を紹介するほか、
さいたま市には大宮盆栽村があり同市の大宮盆栽美術館では盆栽の名品が展示されています。
アジア太平洋盆栽水石大会など、国際的な盆栽の展覧会も開かれています。
1989年には第1回の盆栽世界大会が開かれ、国内外から1237人が参加しました。
加藤三郎、竹山浩、木村正彦、福田次郎ら当時の盆栽作家が出品しました。

盆栽の本は今後、多くの方に読み継がれていくことでしょう。

盆栽に関する書籍の売却や処分をご検討されている方はぜひ藍青堂書林へご相談ください。
大切な御本を高価買取した上で、次のお客様へとお届けいたします。

「盆栽の作り方」「はじめての盆栽」などの入門書から盆栽の写真集、基礎や手入れ、剪定のポイントの本、
松柏類(松、五葉松、真柏、杜松、杉など)、実物(ウメモドキ、柿、花梨、ヒメリンゴなど)、
花物(ウメ、長寿梅、ボケ、サクラ、サツキなど)、葉物(カエデ、ケヤキ、ハゼノキ、タケなど)の品種、、
植木鉢などの盆栽用陶器や、施肥、剪定、針金掛け、苔玉、水やりなどの盆栽の育て方や技術書、
樹形(直幹、模様木、斜幹、吹流し、懸崖、箒立ち、根上り、多幹、根連なり、寄せ植え、文人木、石付、変わり木)等々。

盆栽に関する古書を買い取りいたします。

まずはお気軽にご相談下さい。
お客様のご都合に合わせて、出張買取・店頭買取・宅配便買取を承っております。
いずれも、出張費、送料、その他手数料は無料です。
詳しくはお問い合わせフォーム買取申し込みフォームまたはフリーダイヤル(0120-54-4903)にてお問合わせ・ご依頼下さい。その際、大まかな量・内容の傾向など、お売りになりたいご本についてお知らせ下さい。
事前に無料にでお見積りもいたします。

※盆栽そのものの買取は致しておりません。あらかじめご了承をお願いいたします。

2、<雑誌の買取について>
藍青堂書林では盆栽雑誌のバックナンバーもまとめて買取しております。
最新号はもちろん創刊号や最終号など、盆栽雑誌バックナンバーの買取についてはぜひ藍青堂書林にご相談ください。

⑴ 月刊 近代盆栽

近代盆栽 雑誌 買取

近代出版発行の盆栽総合誌です。
「KINBON(キンボン)」の略称で、盆栽愛好家には広く知られています。
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方を紙面で届けるほか、盆栽のプロによる実技指導、盆栽の展示会(展覧会)の情報や記事、
名品紹介から盆栽の通信販売まで、写真も多く、見て楽しめる雑誌です。

⑵ 盆栽世界

盆栽世界 雑誌 買取

「盆栽世界」は、盆栽の月刊専門誌です。
株式会社エスプレス・メディア出版が刊行しています。
日本で最も歴史のある盆栽雑誌です。
「盆栽のある日常」をキーワードに、刊行を続けています。
老人の趣味と捉えられがちな盆栽を幅広い世代に広く知ってもらうため、見やすい誌面と分かりやすい内容になっています。
盆栽の伝統的な面を大事にしながら、若い世代へも盆栽の輪を広げています。

⑶ 山野草とミニ盆栽

山野草とミニ盆栽 雑誌 買取

近代出版より隔月刊行されている山野草やミニ盆栽の園芸情報誌です。
「山野草で遊ぶ住まいと暮らし」をキーワードに、山野草やミニ盆栽の楽しみ方・育て方を探っています。
小さな鉢で親しむ草木の美しさ・可憐さを軸に、実用ハウツー記事から作品観賞まで多面的に掲載。販売コーナーもご好評を頂いています。

その他、「さつき研究」など盆栽雑誌バックナンバーも買取しておりますのでぜひお問い合わせください。

3、<DVDの買取について>

藍青堂書林では盆栽に関するDVDを買取しております。
盆栽の名品や盆栽の育て方など、お手持ちのDVDを売られるときはぜひ藍青堂書林にご相談ください。
・はじめようミニ盆栽
・楽しい超ミニ盆栽
・NHK DVD 皇居の盆栽 BOX
・盆栽ベストコレクション
・盆栽[神の匠]
……etc

4、<盆栽の通信講座の買取について>
盆栽講座など、通信講座の教材も買取しております。詳しくはお問い合わせください。

5、<盆栽の高価買取書籍について>

盆栽 古書 古本 買取
⑴日本盆栽水石名品大系 全12巻
日本盆栽協会編集の盆栽と水石の写真集です。講談社より刊行されました。全12巻。

1~3    松柏1~3
4~6    雑木1~3
7      小品盆栽
8~9    皐月1~2
10~11  水石1~2
12     鑑賞と陳列

日本盆栽水石名品大系の買取査定のことならぜひ当店まで。

⑵美術盆器名品大成 全2巻
日本盆栽協同組合編集による近代出版発行の本です。
日本盆栽協同組合が創立20周年を記念して1990年に編集、出版しました。
中国編と日本編の全2巻です。
樹鉢、水盤,卓、添景、盆栽で使用する器の名品を 中国編、日本編に編集した貴重な盆栽専門書です。

⑶国風盆栽展図録
国風盆栽展は東京都美術館で毎年2回開かれている盆栽の名品展です。
主催は日本盆栽協会です。
昭和9年より開かれており、国内最高峰の盆栽展です。期間中は国内だけでなく海外からも多くの盆栽愛好家が訪れるそうです。
“全国より厳しい審査を通過した250品余りが飾られます。 近年では貴重盆栽制度が始まり、250品の中のおおよそ50品は貴重盆栽がしめています。残り200席を一般盆栽の銘品が争い、より優れた本物の銘品が選出されます。
参加者は盆栽業者から一般愛好者までさまざまです。国内でもトップレベルの盆栽名品展です。
その展覧会の図録は中古市場でも高い人気を誇っています。
国風盆栽展の図録を買取いたします。数年分のまとめ買いなら大歓迎です。

その他盆栽買取参考書籍
清香園美術盆栽―日本の粋、江戸の粋
盆栽芸術 天―小林國雄の世界
盆栽芸術 地―小林國雄の世界
盆栽 春夏秋冬
リボンとねんどでつくるクラフト盆栽
盆栽芸術 地―小林國雄の世界
小品盆栽「遊び」の道具―盆栽鉢・飾台・添配・水石で空間を遊ぶ
寉龍庵盆栽作品集
……etc
もちろんその他盆栽書籍も買取しております。

いかがでしたでしょうか?
買取のご相談や査定額のお問い合わせ等藍青堂書林へのお問い合わせはフリーダイヤル0120-54-4903、もしくは買取申込フォームまでお問い合わせください。
藍青堂書林では皆様からの買取お問い合わせ・ご依頼をお待ちしております。

お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

paegtop