民俗芸能研究という神話

取扱い書籍

民俗学

民俗芸能研究という神話 買取価格1000

橋本 裕之「民俗芸能研究という神話」など、民俗学の専門書を高価買取いたします

出版社 森話社
著者・作者 橋本 裕之
備考欄

今回ご紹介する書籍は「民俗芸能研究という神話」です。

始源・古風・伝統・素朴などのイデオロギーがたたみこまれている「民俗芸能」の現在をいかに調査し、記述すべきかを説いています。
変貌する対象を前に、民俗芸能研究の方法を問い直し、脱―神話化する試みです。

民俗文化や演劇学を研究されている方、図書館の方など、お売りになられる際はぜひ当店までご相談ください。
図書落ち、記名や書き込みのあるもの、カバーなし、線引きありでも買取対応しております。

【民俗芸能や民間信仰に関する本その他とご一緒にお売りください】
・建礼門院という悲劇 (角川選書)
・過疎地の伝統芸能の再生を願って: 現代民俗芸能論
・芸能的思考
・王の舞の民俗学的研究 (ひつじ研究叢書 芸能編)
・芸能の“伝承現場”論―若者たちの民俗的学びの共同体
…etc

【森話社のこんな書籍も買取いたします】
・歌舞伎と革命ロシア──一九二八年左団次一座訪ソ公演と日露演劇交流
・歌舞伎メモランダム──同時代の演劇批評
・「学校芸能」の民族誌──創造される八重山芸能
・演劇のジャポニスム
・満蒙開拓青少年義勇軍の旅路     憧れの大陸、偽りの国家
…etc

民俗文化や芸能、宗教に関する本と一緒にお売りいただくことも可能です。

※買取価格は2017年10月27日現在の価格です。
価格は日々変動いたしますので、詳しくはお問い合わせください。

高額専門書籍につきましては1点から買い取り依頼も承っておりますので、是非ともご相談ください。

関連書籍

お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

pagetop