ビジネス書を処分するなら早めがおすすめ! 高く買い取ってもらうコツを伝授!

お知らせ

ビジネス書を処分するなら早めがおすすめ! 高く買い取ってもらうコツを伝授!

本を持っている様子

読み終わったビジネス書が自宅に増えてきたのなら、買取などの処分が検討されるでしょう。 もしビジネス書を処分するのなら、なるべく早めに決断して行動に移すことがおすすめです。

この早めの行動ができるかどうかで、ビジネス書をお得に処分できるかが決まることもあります。 こちらではビジネス書の早めの処分をおすすめする理由と、高く買い取ってもらうためのコツを紹介します。

ビジネス書の納得のいく処分ができるように、こちらでポイントを確認してみてください。

ビジネス書の処分はなぜ早い方がいいのか?

ビジネス書の早めの処分がおすすめされる背景には、以下のような理由があります。 それぞれの内容から、早めに処分することの重要性をチェックしましょう。

ビジネス書には流行りがある

ビジネス書には流行り廃りがあるため、新刊ほどなるべく早めに売却処分することがおすすめされています。 流行から外れるほどに買取価格は下がる傾向にあり、年単位で見ればその下落率はさらに大きくなりがちです。

特に時事ネタやその時期特有の情報を取り扱っているビジネス書は、流行に価値を左右されやすくなるでしょう。 高く売るための目安としては、発刊から1〜3ヶ月を意識して処分を進めるのがおすすめです。

ビジネス書は仕事の場で「あの本読んだ?」という話のネタとして機能する面もあるため、ある程度「旬」となる期間があります。 そういったビジネス書ならではの性質も考慮して、早めの処分を検討しておきましょう。

ビジネス書は人気ジャンルなので中古に出回りやすい

ビジネス書は書籍の中でも人気ジャンルになるため、毎月の発刊数が多くなっています。
それは中古に出回りやすいということでもあり、早めに処分しないと古書店の在庫が増えて価格が落ちる可能性があるのです。

そのためベストセラー本や話題の本ほど、早めに処分をすることが重要になります。

一方で、何度も読み返すタイプの本や、今でも人気の著者が書いた本は、なかなか中古にならないことがあります。 2〜3年前のビジネス書であっても、買取価格がキープされている例は珍しくないのです。

必ずしも「これは古いからもう売れないな」と諦めずに売りに出すことで、意外な買取価格で処分できるかもしれません。

早めに処分することで次のビジネス書に目を向けられる

ビジネス書を早めに処分することは、次の本に目を向けるきっかけにもなります。 ビジネス書はたくさんの種類があるため、1冊を読んだだけで終わるのはもったいないです。

既に読み終わった書籍は早めに処分して、次に読む本を探す準備をすることもおすすめされます。 売却処分して手にしたお金は、次の本を買う資金にもなります。

そのため高く買い取ってもらえる早いうちに処分することは、次の本をお得に購入することにもつながるでしょう。

ビジネス書の需要が高まる時期も確認

仕事で役立つビジネス書は、時期によって需要が異なることもあります。 たとえば、就職が近づく春には新入社員向けの本の需要が高まり、ボーナスの時期には資産運用や自己投資に関する本が注目されやすくなります。

早めに処分する準備をしておけば、タイミングを見計って需要のあるビジネス書を売りに出すこともできるでしょう。

ビジネス書を処分するときのテクニックとして、需要が高まる時期にも注意を向けてみるのがおすすめです。

ビジネス書を高く買い取ってもらうコツを紹介!

ビジネス書を処分するのなら、なるべく高く買い取ってもらえるように工夫することがおすすめされます。 以下で買取時のコツを確認して、お得に処分ができるように準備してみましょう。

本の状態はできるだけきれいに!

処分するビジネス書の状態をできるだけきれいにすることは、高く買い取ってもらうための基本になります。

・カバーやページに挟まっている埃を落とす
・拭き取れる汚れやシミを掃除する
・付箋は全て外す

などの点をチェックすることで、買取価格を高めることができます。

書き込みなどはしないように注意

ビジネス書を読んでいるとついページにメモをしたくなるかもしれませんが、過度な書き込みは買取価格を落とす原因になります。 本の文章が読めなくなっていたり、問題形式のページに答えが書かれていたりするような致命的な書き込みは、買取NGとなることも。

処分するときのことを考えて、ページ内への書き込みを控えることも高く買ってもらうコツです。

付属品は一緒に保管しておく

ビジネス書の付属品となっているDVDや問題集などの別紙がある場合には、一緒に保管しておきましょう。 付属品の有無は買取価格に大きく影響するので、先に処分しないようにまとめておくのがコツです。

改訂版や新装版が出る前に処分するのがコツ

長い歴史を持つビジネス書は、改訂版や新装版が新たに発刊されることがあります。 そうなると古い版の価値は下がってしまうので、なるべく早めに処分を検討しましょう。

ビジネス書を取り扱う専門店に査定を依頼する

ビジネス書を処分するのなら、専門的に買取を行っている古書店に査定を依頼するのがおすすめです。 全国展開している古書チェーン店では、専門性の高いビジネス書に高い値段を付けられないことがあります。

一方で専門の古書店であれば、そのビジネス書の価値を正確に査定してくれます。
ビジネス書の高価買取を目指すのなら、専門店への処分依頼を行いましょう。

まとめ

上記のような理由から、ビジネス書を処分するのなら早めに行動することがおすすめされます。 もう読む予定がないのなら、本棚の飾りにするのではなくこの機会に売却処分してみてはいかがでしょうか。

高く売る際には「藍青堂書林」へご依頼をしていただけましたら、ビジネス書の価値通りに買い取ります。 全国を対象とした宅配買取も行っているので、ぜひ一度査定を試してみてください。

宅配買取ご希望の方はこちら
出張買取ご希望の方はこちら

お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

pagetop