買取依頼の前にやっておきたい専門書を綺麗にする方法とは?

お知らせ

買取依頼の前にやっておきたい専門書を綺麗にする方法とは?

専門書は高い価値を有する書籍であるため、高く買取が行えるケースも多いです。
購入に大きなコストを必要とした専門書も、買取に出すことでその負担をトータルで軽減できるかもしれません。

しかし、専門書の買取には査定のチェックポイントがあり、書籍の状態によっては買取金額が下がる可能性もあります。
そこで今回の記事では、買取依頼の前にやっておいていただきたい専門書を綺麗にする方法を紹介します。
査定価格をアップさせられるように、以下の綺麗にする方法をぜひ実践してみてください。

専門書を綺麗にする方法

専門書を綺麗にする方法には、以下のようなポイントがあります。
それぞれの詳細を確認し、買取依頼前に専門書を綺麗な状態にして査定価格を高めてみましょう。

カバーの汚れは消しゴムやメラミンスポンジを使う

専門書のカバーについた汚れは、消しゴムやメラミンスポンジを使って綺麗にする方法があります。
カバーに付着した浅い汚れであれば、消しゴムで軽くこするだけでも綺麗にすることが可能です。
コーティングされたカバーの場合には、少量の水を染み込ませたメラミンスポンジを使うことで、より汚れを落としやすくなります。
どちらも強くこするとカバーを傷つける可能性があるので、あくまで優しく汚れを落とすのが綺麗にする方法のコツです。

ページのヤケや黄ばみは紙やすりで削る

ページのヤケや黄ばみで変色した部分は、紙やすりで削る方法があります。
中目から細目くらいの紙やすりを使って、専門書の小口(本を閉じているときに見えるページの部分)や天地(本の上側)を軽く削ることで、ページを綺麗にできます。
紙やすりを激しく動かすと、ページを破いたり傷つけたりする可能性もあるので、ページに対して軽く触れるような感覚を意識して削ってみてください。

ページを紙やすりで削ると埃が出るので、買取に出す前に専門書を軽くはたいて掃除するのもポイントです。
ページに挟まった埃を取る際には、刷毛などを使って清掃するのもコツになります。

ページに書き込みがないかチェック

専門書のページに書き込みがあると、どうしても買取査定額は下がってしまいます。
買取前に書き込みの有無を確認し、対応できるものに関しては消しゴムなどで綺麗にすることもポイントです。
問題集への書き込みや解答部分へのチェックなどがあると、買取が不可能になることも考えられます。
専門書のような買取価格の高くなりやすいものは、なるべく普段から書き込みなどでページを汚さないようにしてみてください。

値札のシールも丁寧に剥がす

中古品で購入した専門書などには、店舗の値札シールが貼られていることもあります。
そういったシールも、買取依頼をする前に剥がしておくといいでしょう。
通常のシールであれば、ゆっくりと丁寧に剥がすことであとを残さずに処理することができます。
粘着力の強いシールの場合には、ドライヤーの温風を当てながら剥がしたり、市販されているシール剥がしを使ったりする方法が考えられます。
シールを剥がして残った粘着性の汚れは、消しゴムでこすれば綺麗にすることが可能です。

普段の保管にも気を遣う

専門書を良い状態で買取に出すためには、綺麗にする方法だけでなく、普段の保管方法にも目を向けることがポイントです。
普段から専門書が汚れたり傷んだりしないように保管しておけば、買取前の清掃に必要な時間を最小限にできます。
普段から買取の査定を意識して、保管方法に工夫を加えることもおすすめです。

たとえば以下のような点が、専門書を上手に管理するポイントになります。

・専門書を保管する場所は直射日光を避ける
・定期的に掃除をして埃をそのままにしない
・汚れた手で専門書を触らない
など

これらを意識して専門書を保管することで、査定に影響するマイナス要素を減らせます。
専門書を綺麗にする方法を知る際には、上記の保管方法も含めてチェックしてみてください。

専門書の買取依頼前にチェックしておきたいその他のポイント

専門書の買取依頼前には、綺麗にする方法以外にもチェックしておきたいポイントがあります。
特に買取査定に影響する点をまとめましたので、下記も参考にしてみてください。

ページの付箋を外しておく

買取に出す専門書は、付箋を事前に外しておくこともポイントです。
専門書のような膨大な情報量を取り扱う書籍の場合、付箋を使って読むことが多いと思います。
そのままでは査定に影響が出てしまうので、ぜひ付箋は外しておいてください。

DVDや問題集の解答などの付録も必要

専門書の中には、DVDや問題集の解答などが付録としてついている場合があります。
そういった付録が欠品になっていると、専門書の買取が不可能になることもあるのです。
付録もまた専門書の価値に含まれるので、買取の際には忘れずに備え付けるようにしてください。

改訂版が出る前に買取依頼をするのがコツ

専門書は、新しい改訂版が同タイトルとして発売されることがあります。
改訂版が出るとそれ以前のものは価値が大幅に下がるので、専門書はなるべく早く買取に出すことがおすすめです。

まとめ

専門書の買取依頼をする前に必要な準備ができていると、高価格で買取を行うことができます。
この機会に専門書を綺麗にする方法を確認し、高く売れるような状態で査定をご依頼いただければと思います。

専門書の買取専門店である「藍青堂書林」では持ち込みの買取だけでなく、宅配買取や出張買取も行っています。
ご準備をいただければそのままスムーズに買取査定を行うことができるので、ぜひ一度お問い合わせください。

関連記事
ビジネス書を処分するなら早めがおすすめ! 高く買い取ってもらうコツを伝授!
古本宅配買取は専門書以外も同時に査定ができる藍青堂書林へ任せください

お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

pagetop