大学卒業をしたら教科書を買取に出すのがおすすめ!お得に処分しよう!

お知らせ

大学卒業をしたら教科書を買取に出すのがおすすめ!お得に処分しよう!

本が積み重なっている様子

大学時代に使っていた教科書を処分するときには、買取に出すのがおすすめです。
つい捨てたり後輩にあげたりしてしまいがちですが、教科書の価値を考えるとそれは実にもったいないことになります。
なるべくお得に教科書を処分するためにも、買取という方法がおすすめです。
そこで今回は大学卒業後に教科書を買取に出すおすすめの理由と、スムーズに売るためのコツを紹介します。
大学卒業後に教科書を持て余している場合には、今回の記事を参考に、買取に出してみてください。

大学の教科書を買取に出すのがおすすめの理由

大学の教科書を買取に出すことには、所有者に多くのメリットがあります。
まずはその理由を解説しますので、なぜ買取による処分がおすすめされるのかを確認してみてください。

大学の教科書には高い価値がある

大学の教科書はその専門性の高さや需要から、実は高く売れる可能性を持つジャンルになっています。
大学の授業で使い古した教科書でも、高く買い取ってもらえることは決して珍しくありません。
そのためただ処分するよりも、買取依頼をすることがおすすめです。
大学卒業までの数年間には、多くの教科書を使うことになると思います。その経過で溜まった教科書をまとめて売ることができれば、大学卒業後に臨時収入を作ることもできます。
大学の教科書が持つ高い価値を活かせるように、処分方法には買取を選択することがおすすめです。

教科書は保存していても使う機会はほとんどない

大学時代の教科書は、保存していてもその後に使う機会がほとんどありません。
専門的な職業に就いて、その勉強のために教科書が必要になるといったことでなければ、基本的には使うことはなくなるでしょう。そのため保存して室内のスペースを無駄に使うよりも、買取依頼で片付けてしまうことがおすすめされます。
「いつか使うかもしれない」「なんとなく手放すのはもったいない」という認識は改めて、お得に処分するための準備を進めてみましょう。

教科書を買取に出すときの注意点

大学卒業後に教科書を買取に出すときには、いくつかの注意点があります。
以下を参考に、教科書を少しでも高く売れるように準備をしてみてください。

専門書の買取専門店に出す

大学の教科書を買取に出すときには、専門書の買取を行っているお店に依頼するのがポイントです。
大学の授業で使用するような教科書は、その専門性の高さゆえに通常の古書店では高く買い取れないケースが多くなります。
そのため近くのチェーン店などに持ち込むと、期待していたような価格で売れないこともあるのです。
その点、普段から専門書を取り扱っているお店であれば、教科書の専門性の高さを踏まえた上で高く買い取ってくれます。
専門書の買取をメインとしている「藍青堂書林」では、買取のプロによる査定が行われています。
マニュアルによらない経験と知識による買取が実施されているので、他のお店では安かった・買い取ってもらえなかった本でも、高く売れることがあり得るのです。
そのため大学の教科書を買い取ってもらうのなら、専門書の買取専門店の「藍青堂書林」がおすすめです。宅配買取なら全国に対応しておりますので、是非ご利用ください。

店頭買取ご希望の方はこちら
宅配買取ご希望の方はこちら
出張買取ご希望の方はこちら

大学卒業後に教科書を高く・スムーズに売る方法

大学卒業後に教科書を高く、スムーズに売るためには、いくつかのコツがあります。
初めて本を売る人や、少しでも高い値段でお得に処分したい人は、以下のポイントをチェックしてみてください。

買取に出す教科書はきれいに清掃する

買取に出すと決めた教科書は、まずきれいに清掃するのがコツです。
カバーについたシミ汚れやホコリをはらい、外観の見た目をきれいに整えることで、査定価格をアップさせることができます。
大学卒業後に長期間保管していて、あまり手入れをしていないのなら、一度きれいに清掃する時間を作ってみることがおすすめです。
単純な汚れだけでなく、ページに付けた付箋を外すこともポイントになります。
付箋の有無もまた査定に響くことになるので、なるべく事前に取り外しておくといいでしょう。

書き込みがないか入念にチェックする

教科書に書き込みがないか確認しておくことも、高く売るためのコツです。
ページ内に書き込みのメモ等があると、査定は減額されてしまいます。
問題集への書き込みなど、その本の実用性を損なうようなものに関しては、買取ができないケースもあるのです。
そのため消せる範囲だけでも対応して、買取価格を維持できるようにするのがおすすめです。

付属品も忘れずに確認

DVDや問題集の回答などの付属品も、一緒に買取に出す必要があります。
付属品が欠品している場合は、それだけで買取不可となる可能性もあるでしょう。
教科書本体だけでなく、付属品の有無も確認して、本の価値を減らさないように注意してください。

なるべく早く売りに出す

もう大学卒業後に教科書を使う予定がないのなら、なるべく早く売りに出しましょう。
大学で使われる教科書は、内容を変更した「改訂版」が出ることがあり、そうなると古い情報を使っている前のバージョンの価値は大きく落ちます。
せっかく高く売れるチャンスを逃す可能性があるので、いらなくなったらすぐに売ってしまうことをおすすめします。

まとめ

大学卒業後の教科書は、多くの場合使い道に困るものになると思います。
思い切って捨てることを考えるのなら、ぜひ専門の古書店に買取に出して、お得に処分をしてしまうことがおすすめです。

藍青堂書林は持ち込みだけでなく、宅配買取や出張買取にも対応しています。
全国を対象に宅配での買取を行ってくれるので、自宅の近くに専門書の買取専門店がないという人でもお得な処分が可能です。
この機会に部屋に眠っている大学時代の教科書を、専門店に売りに出してみてはいかがでしょうか。

関連記事
専門書を売りたいけど忙しい方必見! 出張買取のメリットをご紹介!
教科書を処分する時に押さえたい5つの選択肢【捨てる前に必読】

お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

pagetop