専門書の読み方とは?難しい本を理解する方法や処分方法をご紹介

お知らせ

専門書の読み方とは?難しい本を理解する方法や処分方法をご紹介

本を読んでいる棒人形

専門書は難しい内容を取り扱っていることも多いため、スムーズに読み進められないことも珍しくありません。
学校や仕事のための勉強を専門書でしたいけど、なかなか上手く読めなくて困っているという人も多いでしょう。

そこで今回は、専門書を理解するための効果的な「読み方」について解説します。
読み終わった専門書の処分方法もチェックするので、この機会に手持ちの専門書を有効利用する方法を考えてみましょう。

専門書の読み方のポイントは5つのポイント!

専門書の読み方は、5つのポイントに分けて紹介できます。
理解しづらい専門書があるときには、以下のポイントをひとつひとつ踏まえて読み進めてみることがおすすめです。

自分のレベルに合った難易度の専門書を選ぶ

専門書を読むときには、まず自分のレベルに合った難易度の本を選ぶのがポイントです。
専門書の中には、ある程度の知識を持っていることが前提で書かれているものもあります。

そういった本をいきなり読もうとすると、言葉の意味や文脈が理解できずに挫折する可能性が高くなるでしょう。
専門書の読書に慣れていないときには、初歩的な要素も省略されずに書かれている本や、わかりやすさを重視して書かれている本を選ぶのが上手な読み方になります。

ノートに書きながら読み進める

ノートに書き込みをしながら読み進めることも、上手な専門書の読み方のコツです。
たとえば章ごとの概要を書いたり、気になった部分や疑問点をメモしたりすることで、専門書の内容をわかりやすくノート上に整理できます。
自分でわかりやすい形にまとめることができれば、内容を復習しつつより理解度を高めることができるでしょう。

自分の頭でアウトプットする作業を取り入れることで、実際にどれくらい理解できているのかを確かめることもできます。
十分に理解できていない状態で読み進めると、より専門書の内容が難解になってしまうでしょう。
きちんと読めているのかを自分でテストするという意味でも、ノートを書いてみることがおすすめです。

ノート書いておくと、後から専門書を読み返したくなったときに、要点だけを簡単に確認することもできます。
仮に専門書を手放していたとしても、ノートである程度の内容を見返すことも可能です。
後からさまざまな使い道を考えることができるので、ノートへの書き込みを行う読み方も試してみてはいかがでしょうか。

わからない部分を捕捉できる本を使う

専門書の読み方に困ったときは、わからない部分を捕捉してくれる別の本を使うこともおすすめです。
単純な例で言えば、専門書に書かれている用語を解説している辞書などを横に置いて、読み進めることが考えられます。

専門書を読み解くヒントになる参考書や、同じ著者の本なども、内容の補足として役立つことがあります。少しでも読みたい専門書と関係深い本が思い当たるのなら、合わせて使う読み方も行ってみましょう。

なるべく時間を空けずに読み終える

なるべく時間を空けずに読み終えることも、専門書をスムーズに理解するための読み方です。

専門書を読むことに時間をかけすぎると、前回の内容を忘れてしまったり、言葉の意味などを覚え直したりする必要が出てくる可能性があります。

そうなると既に読んだ部分を改めて読み直さなければならなくなり、続きに取り掛かるまでさらに時間がかかってしまうでしょう。

読書効率が悪くなり、結果的に読み進めるのが困難になることもあります。
専門書を読みづらく感じるときには、読書のためだけの時間を作って間を空けずに一気に読み進めるのがおすすめです。

色々な本を読んで経験値を増やすことも重要!

専門書のような難しい本を理解できるようになるためには、色々な本を読んで読書の経験値を増やすことも重要です。

専門書を多読して慣れていくことができれば、読むスピードは早くなり、読む際に感じるストレスも軽減していきます。

1冊だけで満足するのではなく、どんどん別の専門書に挑戦して読書を経験することが、難しい本を得意にする読み方になるでしょう。

しかし、専門書は高価なものも多く、そう簡単に多くの本を購入できないという人もいるでしょう。次に読む専門書を買うための資金確保は、上手な読み方を実現するための課題になります。

以下からは、専門書を新たに購入するための資金確保の方法を解説します。

専門書は買取に出すのがおすすめ!

新たな専門書を購入するための資金を確保するには、処分の際に買取に出す方法がおすすめです。

専門書は定価が高い分、本としての価値も高いため、高価格で買い取ってもらうことができます。「不要になった本を売って、そのお金で次の専門書を買う」といった、専門書をたくさん読むためのサイクルを作ることもできるでしょう。

専門書はサイズが大きくて重いものも多いため、読まない本が増えると部屋のスペースを圧迫する原因にもなります。とはいえただ処分するだけでは、労力の割にリターンが少なくて損をした気持ちになってしまうでしょう。

その点、買取に出す方法は、簡単かつお得に専門書を処分できるというメリットがあります。特に今は宅配買取や出張買取も利用できるので、自宅にいながら買取を済ませることも可能です。専門書を処分するときには、買取という方法を選択することがおすすめされます。

専門書を高く売る方法とは?

専門書の買取時には、なるべく高く売れるようにいくつかのコツを知っておくこともポイントです。基本的に専門書を高く売るためには、まず「専門書の買取専門店」に査定依頼を出します。

それに加えて以下のような点に注意をすることで、専門書を高く買い取ってもらえる可能性を高められます。

・ページについた付箋は外す
・カバーやページを綺麗に拭く
・書き込みの有無をチェック(書き込みの内容によっては買い取れないことも)
・DVDや問題集の回答といった付録がついているか
・改訂版が出る前に早く売る

綺麗な状態で付録もあり、改訂版が出ていない最新情報の専門書であれば、高価買取を実現できます。読み終わった専門書は上記のような部分をケアした上で、買取専門店に査定してもらうのがおすすめです。

まとめ

専門書の読み方のコツを知れれば、スムーズに学ぶきっかけを掴むことができます。
どうしても難しくて上手に読むことができないと感じるときには、こちらを参考に普段の読み方にいくつかの工夫を加えてみてください。

そして読み終わった専門書は、お得に処分できる専門書の買取専門店である「藍青堂書林」へお問い合わせください。

専門書に関する数々の買取実績を持つ藍青堂書林であれば、その本の価値に見合った査定をいたします。宅配買取や出張買取も行っているので、この機会に専門書の買取手段も合わせてチェックしてみてください。

店頭買取ご希望の方はこちら
宅配買取ご希望の方はこちら
出張買取ご希望の方はこちら

関連記事
専門書を売りたいけど忙しい方必見! 出張買取のメリットをご紹介!
専門書を処分するなら買取がお得! 高価買取のポイントをご紹介!

お電話でのご相談・買取申し込み 0120-544-903
 

pagetop